FX

ダウ理論:波形認識は土台だから定義をしっかり確認しようね!

 

ダウ理論をベースにチャートを見るには、波形認識が大事かつ土台なので、
しっかりと自分の中での定義を確認・整理していきます。

 

波形認識の定義について

日足までの場合

・高いところと低いところをなるべく繋げるように波形を描く(ヒゲ先からヒゲ先まで)
・迷ったら大きく捉える

上昇波:陽線が2本以上確認できたとき(不連続でも)
かつ
終値が切り上げている
→上昇波が終わるときは、陰線が2本以上終値が切り下げているとき。
(不連続でも2本確認できたとき)

下降波:陰線が2本以上確認できたとき(不連続でも)
かつ
終値が切り下げている
→下降波が終わるときは、陽線が2本以上終値が切り上げているとき。
(不連続でも2本確認できたとき)

 

それでも判断できないときは、過去の波形の流れ、相場状況を踏まえて裁量判断する。

 

4時間足からの場合

日足より細かくなったことで、ノイズが増えたように感じたので、
少しシンプルに見れるように4時間足から定義を少し変えています。

ノイズは、ヒゲが多かったり長かったり、上下の動きが激しいとあっちこっちと、チャートが汚く感じる形をイメージしています。
例えば、長すぎるヒゲとか。
びょ〜〜んと伸びてるけど、どう見たらいいのか悩む場面が日足より増えています。

なので、月足、週足、日足レベルの大きな時間足とは少し違った定義を整理します。

理由は値動きに振り回されないこと!行った来たりを追いかけるのは大変です。。

検証中

まだ終わってない/(^o^)\検証ってめっちゃ時間かかるよー/(^o^)\

 

日足の参考例

陰線(陽線)一本のみでも、一波としてみる場合

赤い線の安値を実体抜けした形

一波として見ない場合

安値ラインを実体抜けできていなければ、グイーンと伸びていても見ない。

 

まとめ

 

波形認識の仕方に正解はないので、自分の中の目線がブレないように!
一番BESTはみんなが注目している高値と安値を意識できているかどうか目星をつけれていることだけど、
こればかりは数をこなして経験積み重ねていかないとわからない領域なので、
頑張るぞーー(`・ω・´)