FX

週間のトレード計画【2020年2月24日〜】

 

先々週に引きなおしていたラインがしっかり反応していた部分が見られることができて、適切に引けているんだなと確認できてよかった!

意識されている安値・高値でラインを引くことで、エントリーポイントを絞り出しやすくなるので、この調子で!

あとは、短い時間足の動きを見定めて検証を重ねます。3月あたりはトレードできそう。
少しずつ見えてきました〜〜

 

先々週あたりからボリンジャーバンドを検証していたのですが、今週から表示させています。
ボリンジャーバンドは、ボラの勢い、サイクルを視覚的に見るために活用します。
日足でアップトレンドだけど、ずっと押し安値を更新されずにモミモミしていたりするような、トレンドフォローではない相場の時は、あ、いまレンジだなと判断しやすいということで表示させました。

現時点で注目している通貨は、ニュージードル、ドルカナダ、ドル円、ポンド円。
特にポンド円は月足ラインに対して際どいところ!

《ラインの色》
黄土色…月足
緑色 …週足
ピンク…日足
水色 …H1足

EURUSD

売り目線様子見(戻り売り待ち)
日足 :↓
H1足:→

先週の月曜から戻り売り待ちをしていたけど、まだ形成中。
高値抜けしたので、今週中はできるのか??
できるだけ、週足ライン(緑)の1.0878にひきつけてから売りたいところ。

レートの値はぴったりに反応するのは稀なので、だいたいこのレートの前後あたりは、という感じに捉えて、反転の反応を確認できたら、という感じで心構える。

もし突き抜けたら、サポートとして働くのか確認してから。
でもどっちかというと、長期足の環境的にダウントレンドなので、売りがいい。
理由はトレンドに沿っていたほうが伸び代があるから。

 

GBPUSD

買い目線様子見
日足 :↑
H1足:→

先週では、

1.2987のラインに対する反応を見ていきたい。
サポートとなる動きを確認できたらロングをしたい感じ。

と書いてあったけど、結局サポートとして働くのを確認できず、落ちてきました。
で、いま戻ってきています。
15分足だとWボトムを作る最中の、2回底に売って上がる前にどーんと抜けてN字形成してさらにどーんと。
1時間足チャートで19日の夕方は重要なところでした。

現時点では、また1.2987のラインに対する反応次第かなという感じです。
基本的に上目線。

AUDUSD

下目線様子見
日足 :↓
H1足:↓

下抜けるとは思わなかった、週足ライン(緑)の0.6673を突破していて、トレンドフォローでエントリーを考えることもできたはずなのに、全く考えていなかったことが反省。

反発したらこうする、下抜けたらこうすると事前に想定しておいた流れと一致するならエントリーするように準備を怠ったら、何もできないと思いました。。。

 

NZDUSD

下目線様子見
日足 :↓
H1足:↓

ついに月足ラインの0.6336まで下抜けしました。
戻り売りで狙うことを考えています。サポートとして働くかどうか。
ただ、気になるところは大きな時間軸のラインは簡単にレジサポ転換するのか?
どうなんだろう。
そのライン付近でのチャートの動きはどんな感じなのかしっかり観察していきます。

 

USDCAD

様子見
日足 :→
H1足:→

売り買いの攻防が激しい。。。
日足で見ると、長い陽線陰線が交互に出来上がっています。。

売りで入りたい感じの形だけど、こういう長い陽線陰線が入り乱れの時は見守ります。

 

USDCHF

様子見
日足 :→
H1足:→

週足ライン(0.9838)がしっかりとレジスタンスとして機能していて、どーんと伸びました。
どーんの根元かつ、週足ラインはかなり強いとみる。
戻り売りできないかなあと見守ります。

USDJPY

買い目線
日足 :↑
H1足:↑

高値更新したので、アップトレンド発生!
111.24まで戻ってきたら買いたい。

このまま上昇していったなら、週足ラインの111.92あたりの反応次第で。

 

 

まとめ

ラインに対する三つの反応(反発、抜ける、もみもみ)のパターンに対応できるようにしっかり想定しておくことが大事だなと反省しています。

日足〜1時間足でエントリーする場面はあるか探して絞って、
エントリータイミングは15分足とかの短い時間足でパターンとか確認できたら、間に合いそうだな出遅れしないかもと、感じ始めたので、

もっと検証していきますーー。

それでは良い一週間を★