FX

週間のトレード計画【2020年2月10日〜】

 

先週はあまり検証作業に時間を確保できず、ちょこっとした感覚でした(T ^ T)
焦らずに、手を抜かずに!
先週と比べて変化したことは、時間軸ごとの役割を意識することでした。
日足は方向性を定めるためにみる、1時間足はエントリーできる大まかな場面をあぶり出す、15分足はエントリータイミングを図る感じで明確にして取り組もうと思っています。

週末の時点で際どいところだな〜と思う通貨はドルカナダ、ドルスイス、ドル円です。

 

EUR/USD

下目線様子見
日足 :↓
H1足:↓

先週の金曜日時点で、ダウントレンド発生したけど上目線での様子見と書いたけど、
思ったより伸びていて、週足ライン(緑)がレジスタンスとして機能するかどうか?
どうなんだろうという感じ。

トレンドに沿ってエントリーするならば、もう下目線でみると、
週足ライン(緑)まで戻って、ショートエントリーっていう感じにイメージはできています。

あとは、小さな時間足でエントリータイミングを図ること、、、、
ここら辺の検証がまだ少なかったので、今後チャートを観察する量を増やしてみます。

 

GBP/USD

様子見
日足 :↑
H1足:↓

ちょっと位置的に半端なので、なんとも言えず。。。

 

AUD/USD

様子見
日足 :↓
H1足:↓

えーっと週足ライン(緑)に挟まれている。。。
どっちのラインが強いんかよくわからないーーー

 

NZD/USD

様子見
日足 :→
H1足:↓

週足ライン(緑)を突破しました。でもダラダラと落ちていった感じで、
大きく戻りの動きもないので、なんとも言えず!

 

USD/CAD

下目線様子見
日足 :→
H1足:↑

過去の日足戻り高値ライン近くにあって、際どいところ。

 

USD/CHF

下目線様子見
日足 :→
H1足:↑

戻り高値ラインをブレイクしたので、ダウントレンドは終了。
トレンドなしということで、売りか、買いかはどちらでもOK。

いまの位置的に戻り高値ラインがレジスタンスとして効くかな?

 

USD/JPY

様子見
日足 :→
H1足:↓

週足ラインが結局サポートとして効かずに落ちて、また戻ってきたんだけど、
サポートとして効きそうなのか動きを判断するのって日足だけじゃ判断しにくいってのはやっぱりそうだなと思った!

どうしてもエントリーが遅れてしまう。

 

先週までは気がつかなかったのでそれだけでも一歩前進できたかなと思いたいです。

 

 

まとめ

小さな時間足をよく観察しないとエントリーできない、遅れるということを自覚できたので、よかった〜〜。

先週の記事では書いてなかったので、その頃の私は気づいてないってことがよくわかります。。。

では、良い一週間を★